0

SDGsの目標:7 エネルギーをみんなに
そしてクリーンに

7. エネルギーをみんなにそしてクリーンに

目標7のポイント

  • すべての人が手ごろなかくで近代的なエネルギーを使える
  • 環境かんきょうに良いクリーンな再生さいせい可能かのうエネルギーをやす
目標7のターゲットを見る

電気を使えない人は7.3億人も

電気やガスなどわたしたちの生活に欠かせないエネルギー。しかし、世界ではいまだに約7.3億人が電気を利用できずにいます※1

電気が使えないいきでは、まきや炭をやして、料理をしています。その数は約24億人。けむりよごれた空気で健康をそこなうことにもなります。また、まずしい人々は、夜でも明かりを使うことができず、仕事や勉強ができません。じょうこくでは、外灯のあかりで勉強をする子どももいます。


くヒント

地球おんだんげんいん

18世紀の産業かくめいこう、人口ぞうや産業のはってんでエネルギーのしょうは急速にえてきました。今後もアジアやアフリカのけいざいの成長に合わせて、エネルギーしょうがますますえると考えられています。

げんざいのエネルギーは、石油、石炭、天然ガスなどの化石ねんりょうを元にしたエネルギーが中心です。しかし、化石ねんりょうは、エネルギーを作り出すときにさんたんが発生し、それが地球温暖化おんだんかげんいんの一つになっていることをわすれてはいけません。このまま化石エネルギーのしょう量がえ続けると、地球おんだんや気候変動がますますしんこくになるといわれています。

さいせいのうエネルギーとは

そこで未来のエネルギーとして、世界が力を入れているのがさいせいのうエネルギーです。世界の最終しょうエネルギーの約17.7%がさいせいのうエネルギーで、先進国を中心に積極的にどうにゅうされています。

キーワード

さいせいのうエネルギー...太陽光、水力、風力、バイオマス、地熱などの自然の力から生み出すエネルギー。使用してもげんさいせいすることがのうなので、石油などの化石ねんりょうのようにげんがなくなる心配がない。また、さんたんを出すこともなく、かんきょうにもやさしい安全でクリーンなエネルギー。


わたしたちにできることは?

これからのエネルギーとして、各国が積極的にどうにゅうを進めているさいせいのうエネルギー。さいせいのうエネルギーの各国じょうを調べることで、未来のエネルギーについて考えてみることも、わたしたちにできることの一つです。

さいせいのうエネルギーの発電量が多いのは、中国とアメリカで、この2つの国はとっしゅつして発電量が多くなっています。また、発電量にめるさいせいのうエネルギーのわりあい(一人当たり)が高いのは、デンマークやドイツなどヨーロッパの国々。特に風力発電のさかんなデンマークでは、自分の国の発電量の半分以上が風力発電です。ほかの国のさいせいエネルギーのどうにゅうを調べることで、これからのわたしたちのエネルギーのあり方のヒントが見つかるかもしれません。

日本のエネルギーの問題について調べてみるのも良いでしょう。エネルギーげんの大半を海外からのにゅうたよっている日本。日本は世界第5位のエネルギーしょう国でありながら、エネルギーきゅうりつはわずか12.1%※2。これは先進国の中でもきわめて低く、エネルギーげんのほとんどを海外からのにゅうたよっているじょうきょうです。

ごろから節電を心がけ、エネルギーを上手に使うふうをすることも、わたしたちにできることの一つです。

原稿作成:日経BP/東京書籍
協力:一般社団法人SDGs市民ネットワーク

ほかの目標を見る

page top